​文章っておもしろい

 

 

 

『ツタブン』2020。

ようやく参加者の“添削”が終わりました。

 

最終回の課題を、現時点では10名が提出しています。

 

10名・・・?

 

スタート時には17名じゃなかったっけ?

 

そうです。

おっしゃるとおり。

すべては私の責任です。

 

現在、3名が「遅れていますが、書きます」と言ってくれています。

よって待ちます。

 

そのほかは・・・連絡が来ません。

 

結局、10名プラス3名。

合計13名が完走しそうです。

 

17名中13名。

76%。

ざんねんですが、それが私の実力です。

 

でも、完走した方々はみなさん、成長しました。

ひとりひとり、それぞれ、違ったかたちで成長しました。

 

それぞれ文章が「うまくなった」というより、文章を書くことが「たのしくなった」と。

 

文章っておもしろいな。

ここを変えただけでこんなに変わるんだ。

おなじ文章だけど、場所を入れ替えるだけでも印象が変わるんだ。

おもしろいなぁ。

 

そんなことを感じてもらうこと。

それだけで、『ツタブン』はみんなの役に立ったかな、と。

 

もとより「文章がうまくなる」なんて、目標ではありません。

そんなことがあるんだったら、私が知りたい。笑

 

でも文章がうまいとか、ヘタだとかの基準は存在しないんじゃないかな。

それは読む人それぞれの感じ方であって。

 

たとえば三島由紀夫の文章は「すごい」と思う人がいる。

だけど「あんまりわかんない」という人もいる。

それでいいと思う。

 

もう社会人なんだから、

『国語』の授業じゃないんだから、

それぞれ文章の読み方があっていいし、

それぞれ文章の好き・嫌いがあっていい。

それでぜんぜん構わない。

 

じゃあ『ツタブン』はなんだ、ってことになるけど・・・

 

『ツタブン』は「人に伝わる文章」を追求する場。

 

文章が「うまく」なる場じゃなくて、

文章が「人に伝わる」ことを共に学ぶ場。

 

 

今回、『ツタブン』は10名(プラス3名?)の“卒業生”を輩出します。

 

当初は他人に「伝わる」文章を書けるようになりたいね、と。

そんな想いでスタートした

『ツタブン』2020。

 

だけど10名(プラス3名)の卒業生の文章は、私の思惑や想像をはるかに超えて、

ほんとに「うまく」なっていました。

(読者のみなさんに“卒業制作”を見せられないのはざんねんです)

 

卒業生のみなさん、ありがとう。

 

私がいちばん、学ばせてもらいました。

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

 

『extra』の『extra』

 

今年、2020年の6月5日からこのサイトに連載してきた『extra』。

当初は私の日記みたいなものを書いていこうと思っていました。

ところが毎回、『ツタブン』の話ばっかし。

 

途中、数回はわき道に逸れたものの(『ナオコ先生』の前後あたり)

しっかり『ツタブン』の話に戻って・・・

で、最後は“一文を短く”の話をするために、

過去の文章(1980年代のリクルート時代)に跳んだり・・・

 

でもおおむね『ツタブン』。

 

『extra』は今回で終了したいと思います。

で、次回からはホントに日記みたいなものを書きます。

 

ただ、いわゆるダイアリーではみなさん、退屈かと。

ま、私がいちばん退屈なのですが・・・笑

 

来週、考えます。

 

あ、もちろん当ウェブサイトは来週も金曜日に更新します。

 

ということでみなさん、また来週。

きっと『シン・コンテンツ』が登場します。

すると思います。

するかな。

するといいなぁ・・・