​伝えたのは「仕事の獲り方」

 

 

アルバイト募集。

コピーライター。

経験不問・未経験者歓迎。

 

 

効果は、あった。

履歴書は全国から集まった。

 

私は選考を始めた。

 

(どうやって?)

 

応募者には、履歴書とともに“文章”を書いてもらっていた。

『応募動機』。

これで選考する。

 

文字数、自由。書式も自由。

手書きでもワープロでもオッケー。

 

この対応で、まず応募者のセンスがわかる。

 

たとえば文章のスタイル。

フォント。Q数(Pt)。修飾のあれこれ。

あるいはレイアウト。
 

それから最も大切なこと。

“文章”。

 

この人は書けるか。

文章が、書けるか。

それを吟味する。

 

そのときの基準。

それはまず「読みやすいか」。

つまりだれでもわかる文章が書けるか。

 

欲しいのは“コピーライター”だ。

“小説家”を採用するわけじゃない。

 

同時に、言いたいことが「伝わる」か。

 

あなたは何を言いたいのか。

何を伝えたいのか。

『応募動機』を読めば、それがわかる。

 

 

結果、『6人』の若者が仲間になった。

男子・4名。女子・2名。

いずれも20代の、“素人”。

なかには九州・福岡から応募してきた人もいた。

 

「東京に引っ越します」

そういうメールを送ってきた彼。

 

“応募動機”はしっかりしていた。

というか「おもしろかった」。

だけど・・・

 

九州から出てくる。

東京に出てくる。

今の仕事を辞めて、出てくる。

 

私は確認した。

「アルバイトですよ」

「3年経っても、ライターになれるとは限りませんよ」

「それでもいいですか?」

何度も確認した。

「それでもいい」と彼。

 

 

うーん。

いま、書いていて思う。

これ、もしかして若者をだまくらかしている?

 

いやもちろんそんなつもりはない。

私としては誠実に対処している。

 

ただ・・・

 

そういうことを言う時点で、なんか怪しい。

なんか最近の政治の世界のようではないか。

 

そのようなつもりはいっさいございません。

ただ誤解を招いたとすれば、お詫びしたいと思います。

 

(ま、置いといて・・・)

 

結局、彼は6人のなかのひとりになった。

 

 

さて次は彼ら“素人”を、どうやってプロのコピーライターに育てるのか。

 

 

・・・思い出せない。

 

6人が入社した。

アルバイトで、入社した。

そこまでは覚えてる。

​ただ、それからのことがいっさい思い出せないのだ。

 

やっぱり脳が弱ってる。

いや、ただの健忘症。

いやいや単に歳をとって覚えてないだけ?

 

2005年。

いまから15年前。

 

うーん。

 

とにかく覚えてないのだ。

 

ただ、唯一「仕事の獲り方」を伝えたこと。

それは覚えている。

 

私は全員に言った。

「君たちに仕事はない。与えられるものじゃない。獲ってこい。営業スタッフのもとに行って獲ってきなさい」

 

まぁずいぶんな言い草だ。

20代前半の、まったくの素人に「仕事は自分で獲ってこい」と。

 

でも私は「獲ってくる」方法もあわせて言った。

 

「まず営業と仲良くなれ」と。

 

「仲良くなって、営業に仕事をもらって、自分の作品をつくれ」

「それをファイルに貯め込んで、自分の“作品集”をつくれ」

「そして3年後、その作品集をもって出版社や制作会社に売り込め」

 

 

プロになったら、仕事は自分で獲ってくるしかない。

だれも与えてはくれない。

“他人に与える仕事があるのなら、自分でやる”。

それがプロの世界だ。

だから仕事は獲ってくる。

社内でも獲ってくる。

人より先に、獲ってくる。

それをやっておかないと将来、彼らは「ライターとして」生きていけない。

 

彼らは「3年後に辞めていく」。

それが採用の条件なのだ。

辞めてどこかに「ライターとして」雇用してもらう。

あるいは辞めて、「ライターとして」独立する。

だから・・・

 

 

私はコピーのことなど一度も教えなかった。

それよりなにより人間関係。

コピーの書き方より、営業スタッフとの人間関係。

 

コピーの“うまいヘタ”は主観の問題だ。

たとえだれもが「うまい」というコピーが書けても、それを使ってもらえる環境がなければ闇に消える。

 

つまりこういうことだ。

売れない“ライター”はいる。

売れない“小説家”もたくさんいるだろう。

だけど“売れない”コピーライターはいない。

コピーライターは“売れない”時点で、廃業するしかないのだ。

だからまず営業。営業との人間関係。

だって仕事をくれるのは営業だから。

営業が、仕事を獲ってきてくれるのだから。

 

逆に営業との関係が築けなければ、その人は終わる。

どこかでライターになれたとしても、長続きはしない。

 

だからこそ営業との人間関係だけは、言ってた(ような気がする)。

 

 

あ、それから毎月、「獲ってきた仕事」をすべて見させてもらった。

そしてアドバイスをしていた。

つまり“結果”。

書き方を教えるのではなく、書いた結果にアドバイスする。

 

それくらいかな。

 

いま、書いていて思う。

結局、彼らには『新人研修』とか『ライター研修』みたいなことはしていない・・・

 

ひどい。

 

 

でも・・・

 

思い出した!

 

彼らとはよく呑みに行ってた。

会社の近くに、何軒か馴染みの店があった。

そのなかのひとつ。

「はし田屋」での出来事である。